KANSAI WORLD MASTERS GAMES 2021

  • twitter
  • facebook
  • instagram

グループ・団体ボランティアの募集はこちらから

清水がやってみた

2019/11/28

vol.02 野性と知性のオリエンテーリング。キライじゃない。

コンパスで地図を読みながら、チェックポイントを通過していくオリエンテーリング。

WMG2021関西リハーサル大会助成事業 「オリエンテーリングたじま2日間大会」に兵庫県広報専門員の清水奈緒美が挑戦してきました。

 

体験動画

 

 

会場は、香美町のたじま高原植物園。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの植物園には、一度訪れたことがあるので、「もしかして私、有利なんじゃない?!」。

この淡い期待はすぐに打ち砕かれることになるのであった。

 

オリエンテーリングを体験したことがある方ならお分かりでしょうが、

自分がクリアするチェックポイントの書かれた地図は、あらかじめ配られるのではなく、

スタートと同時に手にするんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、なんとなく前を走る人についていってはダメ!

おまけに、山の中って、登山道ならまだしも、目印がない森林が続くので、

 

私ってどこおるん?!?!?!

 

まちの中なら通用していた「なんとなくこっち」が通用しないと分かると、

本気で状況判断し始めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間を競うので焦ってしまいそうになりますが、

走っていきたい気持ちを抑える冷静さが、

空間を正確に把握してルートを決める判断力が

必要となるらしい。

 

 

人生初のオリエンテーリングの結果は、それなりの結果でしたが(笑)、

しかーし、

なんか自分のサバイバル力”が試されているようで、おもしろいんじゃない?!

 

次は、もっと上位を狙うぜ!

 

 

 

 

 

 

 

 

(キノコや動物のねぐらにも遭遇するよ)